慶應義塾大学 文学部 自主応募入試 志望理由書 提出例(望月典子ゼミ向け)

議論の整理・・・モーセと言えば、旧約聖書に登場する重要な預言者で、「出エジプト記」で有名である。「出エジプト記」では、モーセが、エジプトに囚われていたイスラエル人を率いてカナンの地に移住したことが伝えられている。モーセによってヤハウェの絶体神としての地位が確立したと言われており、モーセがユダヤ教の成立過程において非常に重要な人物であることは論を待たない。

問題発見・・・しかし、現代エジプトのキリスト教であるコプト教でのモーセの扱いに関する研究は存在しない。

論証・・・これは極めて重大な点を見逃している。コプト教が、自らのエジプト人としての民族的アイディンティティとモーセに責め苦を与えたこととの関係をどう認識しているかに関わってくるからである。自らの信仰する宗教での聖人を自らの祖先が迫害したとあれば、心中穏やかではいられないはずである。

結論・・・そこで私は、コプト教でのモーセの扱いについて研究したい。

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon(新着)全国2位・紀伊国屋1位・丸善ジュンク堂1位になりました!

なぜ私が毎日学習会を作ったのか?

私がネット家庭教師・毎日学習会を作ったのは、自らの高校時代の不登校経験が大きく影響しています。私が毎日学習会を作るまでの人生をマンガにしましたので、もしよろしければご覧ください。


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です