慶應義塾大学 文学部 自主応募入試 志望理由書 提出例(平田栄一朗ゼミ向け)

議論の整理・・・貴学の論文(※1)では、「「消尽したもの」が完全に消失せず、何かが残っていることは、ジル・ドゥルーズがベケット論の中で指摘している」としている。これは、ドゥルーズの思想から容易に想起される、分節化されない諸存在への肯定の思考と結びつく。例えばフェリックス・ガタリとの共著「アンチ・オイディプス」においても、分節化されない諸存在への肯定は顕著である。

問題発見・・・しかし、同じように分節化されない諸存在への肯定を示した井筒俊彦の思想とドゥルーズの思想の関係は不明確である。

論証・・・これは井筒俊彦の思想研究にとって大変重要なことだと考える。なぜなら両者のバックグラウンドは全く異なっているからである。

結論・・・そこで私は、井筒俊彦の思想とジル・ドゥルーズの思想の関係について研究したい。

※1平田栄一朗(2018)「「残余」としての演劇:ブレヒト作『ファッツァー』を例に」

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です