慶應義塾大学 文学部 自主応募入試 志望理由書 提出例(岡田光弘ゼミ向け)

議論の整理・・・貴学の論文(※1)では、BANロジックとProtocol Composition Logic(PCL)の基本的なアイデアが調査されている。これらはいずれもインターネットのセキュリティに関わるものである。

問題発見・・・しかし、近年、インターネットのセキュリティはますます強化されることが急務となっている。

論証・・・ https://でURLが始まるSSLが一般化して久しいが、SSLでは量子コンピュータによってセキュリティを突破することが容易であることは理論上証明されている。そこで、量子コンピュータでも突破できないセキュリティ、httpqが唱えられている。これは量子コンピュータの出現前にインターネットに実装する必然性がある。

結論・・・そこで私は、httpqの実現に向けた理論面での研究を行いたい。

※1岡田光弘(2006)「BANロジックとProtocol Composition Logic(PCL)の基本的なアイデア」

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です