慶應義塾大学 経済学部 小論文 1980年 解説

慶應義塾大学 経済学部 1980年度 小論文模範解答

議論の整理……

 南北問題とは、南半球の国々と比較して北半球の国々が総じて豊かさを享受しているという問題である。また、世界の主要工業地域もほとんどすべて北半球に属していると言って良い。南半球はただただ天然資源の拠出元や、農作物の大量生産拠点として使われてきた。

問題発見……

 こうした違いをもちらした原因について、ここでは考えていきたい。

論証……

 まず、第一に考えられるのが天然資源の有無である。南半球の国々天然資源が元々豊富に存在する国であれば、それほど真摯に働かなくとも生きるための糧は十分に確保される。一方、北半球の国々のように総じて定年資源に枯渇している傾向があると、その分だけ新しい付加価値を産まなければ国際競争に勝てないため、技術開発競争が加速する。また、付随的に要因としては部屋の温度の違いなども大きな影響を及ぼすのではないかと考えられる。たとえば、シンガポールでは官舎にクーラーを導入してから後作業が効率化したというと、日本でも沖縄については学力・勉強時間ともに最低レベルで、主だった工業生産もなされていない現実がある。

解決策or結論……

 こうした事実を顧みると、南北問題の解決にはまず、現地住民が強い向上心を持って仕事に当たることが望ましい先進を植えこむことは困難を極める。また、発展途上国の開発に際して起こりがちな不正会計の問題なども、国際機関の監視のもとでしっかり是正していくべきでうろ・

解決策or結論の吟味……

 だが、過去の植民地支配で犠牲になった国の多くが南半球であったことから、南半球の住民はいまだ隷属精神が強く、こうした向上心は望むべくもない。また、南半球のいくつかの国は、よく似た後進国であったロシアの革命の影響で、社会主義国陣営の植民地となっており、こうした国々に資本主義の精神を植えこむことは困難を極める。

 南北問題とは、南半球の国々と比較して北半球の国々が総じて豊かさを享受しているという問題である。また、世界の主要工業地域もほとんどすべて北半球に属していると言って良い。南半球はただただ天然資源の拠出元や、農作物の大量生産拠点として使われてきた。…

 

 

 こうした違いをもちらした原因について、ここでは考えていきたい。

 まず、第一に考えられるのが天然資源の有無である。南半球の国々天然資源が元々豊富に存在する国であれば、それほど真摯に働かなくとも生きるための糧は十分に確保される。一方、北半球の国々のように総じて定年資源に枯渇している傾向があると、その分だけ新しい付加価値を産まなければ国際競争に勝てないため、技術開発競争が加速する。また、付随的に要因としては部屋の温度の違いなども大きな影響を及ぼすのではないかと考えられる。たとえば、シンガポールでは官舎にクーラーを導入してから後作業が効率化したというと、日本でも沖縄については学力・勉強時間ともに最低レベルで、主だった工業生産もなされていない現実がある。

 こうした事実を顧みると、南北問題の解決にはまず、現地住民が強い向上心を持って仕事に当たることが望ましい先進を植えこむことは困難を極める。また、発展途上国の開発に際して起こりがちな不正会計の問題なども、国際機関の監視のもとでしっかり是正していくべきでうろ・

 だが、過去の植民地支配で犠牲になった国の多くが南半球であったことから、南半球の住民はいまだ隷属精神が強く、こうした向上心は望むべくもない。また、南半球のいくつかの国は、よく似た後進国であったロシアの革命の影響で、社会主義国陣営の植民地となっており、こうした国々に資本主義の精神を植えこむことは困難を極める。

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です