慶應義塾大学 文学部 自主応募入試 志望理由書 提出例(香田芳樹ゼミ向け)

議論の整理・・・貴学の論文(※1)によれば、歴史が目的、すなわち完成をもたなければならないという考えは、強い排他的なイデオロギーに支えられているとしている。ここでいう排他的イデオロギーとは、具体的にはキリスト教思想であり、それから発展してきた近代西欧の進化論的思想である。

問題発見・・・しかし、一神教が登場する以前の人類は、というよりもセム語族意外の人類は、本来このような思想を持っていない。歴史とは循環するものであり、進化するものではない。

論証・・・ところが、この進化思想は現代においてもなお猛威をふるっている。ユヴァル・ノア・ハラリ著「ホモ・デウス」でも明らかである。絶え間ない進化を求める思想が、環境破壊、他民族を征服する思想、経済成長への幻想に現れている。今、全世界が進化思想から決別し、「このままでいいのだ」という循環思想へと転換する時を迎えている。

結論・・・そこで私は、特に日本の社会において、進化思想と決別する方策を研究したい。

※1香田芳樹(2017)「特集への導入」

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です