慶應義塾大学 文学部 自主応募入試 志望理由書 提出例(アーマー アンドルーゼミ向け)

議論の整理・・・貴学のパネル(※1)によれば、文字資料をデジタル化しインターネットで閲覧させるのは困難があるとされている。例えばルネサンス期において書かれた資料は、OCRで復元するのも困難としている。現在、貴学のHUMIプロジェクトではデジタルカメラの使用によって文字資料を判読可能なように「読める画像」にする処理が行われている。

問題発見・・・しかしながら、得られる結果はあくまで画像であり、文字ではない。文字列にする必要性はある。

論証・・・なぜなら、文字資料に対し検索などの処理をするときには、一般的に画像ではなく文字列に対して処理するからである。

結論・・・そこで私は、現在の機械学習の成果を応用し、得られた画像を画像処理し文字列化する研究をしたい。

※1高宮利行、岩井茂昭、松田隆美、アンドルー・アーマー「慶應義塾大学 HUMI プロジェクトのデジタル・リサーチ・ライブラリー構想」

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です