毎日学習会の早慶上智合格者の特徴とは?  他の塾からの早慶上智合格者との違いとは?

(林)毎日学習会のです。

(まこ)合格者のまこです。

(林)よろしくお願いします。

(まこ)よろしくお願いします。

(林)毎日学習会の合格者の特徴ってことで。
毎日学習会では合格体験記、基本的に皆さん顔を出してやってるので、まあ結構なんかSFCのキャンパスとかでも、毎日学習会の合格者と会うこと多いんじゃないかなと思うんですけど。実際どうですか?どんだけ居ます?

(まこ)結構居ます。

(林)結構いるよね。

(まこ)友達の友達が、毎日学習会だったりとか。結構ありますよ。

(林)どんな感じの人居ます?

(まこ)一番印象に残ってるのが、アシフくん

(林)アシフくんね。毎日学習会は、まず普通の他のAOの塾とか予備校と違うのが、生徒の半分ぐらいが、外国籍か海外帰りか。外国籍とハーフだけで、半分居ますね。

(まこ)個性が強い。本当に。

(林)結構…だから本当にそういう意味で言うと、毎日学習会って、すごくバラエティ豊かっていうか、結構インターナショナルで、本当に外国籍の方とかハーフの方とか。うち大体生徒の半分が、外国籍とか海外帰りとかハーフとかで、残り半分がメンヘラなんですよ。外国人かつメンヘラってやつが結構居てみたいな。余計な話ですけど。で、元気な人がちょっと居るみたいな。いや、でもメンタルいかれるくらい、やるよね。

(まこ)そうですね。メンタルいかれますね。

(林)いかれる寸前くらいまでいくよね。

(まこ)でも私の唯一の救いが、私実家が名古屋なんで、こっちで友達の家に居候させてもらって3ヶ月間受験勉強してたんですけど。その友達が唯一の救いでした。

(林)俺は救いではなかった?
あと…なんだろうな、結構多分やっぱり、うちの合格者で真面目な子多いですね。だからSFCでいうと、村井研とか、中室研とか、結構激しめの研究会に行く人が多くって。結構割と課題キツめのところ、エグいところ行く人多いな。すごい真面目。
あとやっぱりね…他のAOの塾とか一般入試の塾とかと比べて、すごく宿題の量が多いんですよ。宿題めっちゃ多いですよね。どうでした?

(まこ)量やらされました。

(林)すごく量をやるので…楽して入ったって人は、多分うちの塾の場合、1人もいないと思うんですよね。他の塾のAOの合格体験記とか見てると、楽して努力せずに入りましたとか、勉強せずに入りましたとか、結構見るんですよ。あの…具体的に言うと、洋々の合格体験記で、私はそれを見たことがあるんだけど。毎日学習会では1人も居ないですね。みんなすごい苦労して入ってる。それが良いことなのかどうかわからないけど、私は良いことだと思います。やっぱり量こなして、自分に自信を持って入るってことは、すごい大事だなと思ってて。楽したけど、とりあえずなんか先生とかに書いてもらって、入りましたとかっていうとさ、それって違うじゃん。

(まこ)羨ましいですけどね~。

(林)いや、羨ましいけど。俺思うのはやっぱり、すごく限界まで頑張って、結果それで合格したら、嬉しいよねっていうか。頑張ったことは報われるんだなと思うだろうし。すごく頑張って駄目だったとしたら、それは自分は勉強に向いてないっていうことがわかったって意味では、良いと思うんですよ。いずれにしても、ものすごく頑張るってことは大事で。ものすごく頑張らないと、自分がまずそれに向いてるかどうかすら、わからないから。やっぱりものすごく頑張るって事は、結果重要だなっていうのは、すごい思いますね。それはすごく、日々思っていることで。
やっぱりこう…なんていうのかな…すごく、最初のうちってものすごくこう…なんで毎日学習会来たんだろうとか。宿題もすごく多いし、こんな多い塾ないよねっていうくらい、多いよね。

(まこ)なんか最初ら辺なんですけど。小論書くじゃないですか。10分間の添削で、最初から書き直させられるみたいなやつが、毎回心にグッて来てました。

(林)最初の1文くらいからのね。

(まこ)最初の1文で「あ、駄目ですね」みたいなのが、心にグッと来たんですよ。

(林)結構割と厳しいんですよ。うちでよく言うのは、褒めるのは合格したときだけっていうのがあって。本当に、基本的にはツッコミしかしないので。やっぱ宿題も多いしね。誰でも受かるとは俺絶対言わないし、宿題も多いんだけど、それでも良いから行きたいっていう人に来てほしいなっていう。楽して受かるとか、猿でも受かるとか、あんな馬鹿だった私も受かるなんてとか、俺絶対言わないですよ。
色んな生徒がいて、大変なこともいっぱいあるんだけど、やっぱりみんな受かってる子は努力してる。頑張ることが大事だと思うので。本当に是非頑張る方には来ていただければなと思いますので、何卒よろしくお願いします。

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です