早稲田大学 スポーツ科学部 AO入試 志望理由書 提出例(リー・トンプソン研究室向け)

  • 議論の整理

我々は相撲や柔道を日本の伝統的な競技、すなわち「国技」と認識しているが、その認識への方向付けは主にメディアによって行われている。しかし、メディアによる表象が必ずしも歴史的事実に基づいている訳ではない。例えば、トンプソン教授の研究によれば、大相撲における「横綱」や「優勝」という制度は20世紀になり取り入れられた近代スポーツ的思考に基づくものであるという。これは「国技」という言葉が想起させるような長い歴史の中で発展した日本独自のものというイメージとは乖離している。これはホブズボウムが定義した「伝統の発明」という概念を示す好例である。

  • 問題発見

文化の興隆に伴い、メディアにおけるスポーツの語られ方を議論することはますます重要性を帯びていくものだと考えられる。特に「国技」という表現には、人種による線引きを強調し、差別を助長するようなイデオロギーを醸成する危険性を孕んでいる為、その扱いは慎重に行われるべきである。それでは、大相撲と並び「国技」として認識されている柔道をメディアはどのように表現してきたのであろうか。

  • 論証

現在受容されている柔道観を形成した人物は、講道館の創設者でもある嘉納治五郎だと知られているが、嘉納の柔道観の社会史的背景について研究を行った例は数少ない。トンプソン教授は、日本の国民国家形成の過程で嘉納の柔道がどのように形成されていったかを調査し、その背景には当時の文部省の武術に対する嫌悪への反発があったことを報告している。この研究を踏まえ、嘉納柔道観の性格がメディアにどの程度反映されていったのかを段階的に調査したいと考えている。

  • 結論

この研究により、柔道の「伝統」がどのように発明されていったのかを明らかにしたい。スポーツ観覧の楽しみは観客に明瞭なストーリーを提供できる点にあるというが、一方でその物語は加工されたものであるという視点を忘れない為にもこの研究は意義があると考えている。

  • 結論の吟味

上記研究を行うにあたって、日本のスポーツを社会学的観点から調査した豊富な実績をもつトンプソン教授のもとで学ぶことを強く希望する。

参考文献

Tetsuya Nakajima, Lee Thompson (2012). Judo and the process of nation-building in Japan: Kanō Jigorō and the formation of Kōdōkan judo. Asia Pacific Journal of Sport and Social Science. 1(2-3), 997-110

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です