早稲田大学 社会科学部 AO入試 志望理由書 提出例 (仲道祐樹研究会向け)

  • 議論の整理・・・

過剰防衛にはその防衛が繰り返される内に過剰となる、量的過剰防衛と防衛が開始されると同時に、その防衛行為が過剰であったという量的過剰防衛が存在する。

  • 問題発見・・・

では、過剰防衛についてその構成要件はどのように分析することができるだろうか。

  • 論証・・・

私はこれらの問題を解決するためには、防衛行為に対する知識を前提とし、それらが、ある段階において過剰となる場合と、行為者の質において過剰となった場合を分けて考え、前者においては、それらの行為が過剰と判断された時点での行為と正当防衛であると判断される段階における行為にどの様な相違があるのかを分析することが重要であると考える。

たとえば、刑事法学の専門家である仲道祐樹教授は複数行為が存在すると見られる事例(過剰防衛も含まれる)において、構成要件段階での行為把握を行う際には、複数行為の相互関係、とりわけ、判例上用いられる「一連の行為」が認められる基準と限界が問題となる。学説上、問責対象としての「一連の行為」には、「第 1 行為と第 2 行為とが相俟って結果が発生したと評価せざるを得ない場合に、結果惹起の根拠となる行為として、第 1 行為及び第 2 行為からなる『一連の行為』であると記述し、『一連の行為』のどの段階で結果が惹起されたのかを明確に特定せずとも済ませる」という機能があるとされている。その限界は、犯意の連続性・同一性、あるいは危険の同質性に求められていると発表している。[1]

  • 結論・・・

そこで、過剰防衛について、行為論を専門的に研究するため、刑事法学について専門的知識に富む貴学社会科学部の仲道祐樹教授の下で、上述の問題点を整理するべく過剰防衛の構成要件について研究を深めたいと考えている。

貴学社会科学部の仲道祐樹研究会が上述の研究を進めるのに最適な研究環境との確信のもと、貴学社会科学部に入学し仲道祐樹研究会に入会することを強く希望する。

[1]仲道祐樹著『過剰防衛における行為把握』(早稲田大学社会科学学会 2011-12-25)

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です