慶應義塾大学 文学部 自主応募入試 志望理由書 提出例(山道佳子ゼミ向け)

議論の整理・・・中沢新一「バルセロナ、秘数3」では、「3は結婚とエロティシズムの数であり、2と1がひとつになって運動を生み出し、世界を作る。一方で、4は3が作り出した世界に、正義と真理、均整と均衡を与える」とされ、ヨーロッパのキリスト教世界では4が重視されたのに対し、カタルーニャでは3が重視されたとしている。

問題発見・・・しかし、このともすれば神秘主義ともとれる3の重視とカタルーニャ史の関係について、学術的な研究は存在しない。

論証・・・なぜなら、現在のカタルーニャ独立問題の動機も、この射程内で捉えられるかもしれないので、この問題は極めて重要なのである。均整と均衡を重視するスペイン中央政府に対し、運動するカタルーニャという図式は容易に見て取れる。このことから、3がいかにカタルーニャで扱われてきたのかを探ることは今日重要性を増している。

結論・・・そこで私は、3という数字の、カタルーニャでの歴史的取り扱いについて研究したい。

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です