慶應SFC小論文・吟味部分どう書けば良い?

(林)毎日学習会のです。

(まこ)合格者のまこです。

(林)よろしくお願いします。

(まこ)よろしくお願いします。

(林)今日は、慶應SFCの小論文の書き方っていうところで、その解決策とか結論を吟味していくっていう流れが、小論文を書くときの一番最後にあると思うんですけども。その解決策とか結論を吟味していくっていう所で、どういう風な形でやろうかっていうところを、ちょっとお話できればなと思います。
よろしくお願いします。
SFCの小論文に関して、解決策の吟味ってところでどういうふうにやっていくのか、改善策ってところどういうふうにやっていくのかっていうふうな話になってくるんですけど。
結局、その小論文ってのが、紙を使った議論なので、どういう風な反対意見とかが出てくるかっていうことを、やっぱり自分なりに、自分の解決策を書いてる時にも想定しておかなきゃいけないんですよね。まこさん、自分なりの解決策を書く時とかになんかこう、こういう反対意見が出るだろうなとか、そういうのをちょっと自分なりに想定したりとかしてる部分って、ありましたか?

(まこ)すごい考えてました。

(林)具体的にいうと、どういうことを考えてましたか?

(まこ)マイノリティ、性的マイノリティのことに関しては、人によっては生産性がないみたいなこと言う人がいるので、そういった方々に対して、どうやって説得すればいいのかっていうのを考えています。

(林)なんかいましたよね、国会議員で。そんな事言ってる人が。まこさん、どういうふうに説得します?
そもそも、人は生産性の為に生きているわけではないという話が、大前提としてあって。生産性がない国民は許そうとか、生産性が無い国民は許可しないとか、発想自体がそもそも恐ろしいんですよね。国民と国家の社会契約ってのは、そういうものではないので。そもそもまず、国民は生産性の為に生きているわけではないってところが一つと。生産性があろうがなかろうが、全ての国民っていうのは幸福を追求する権利もあるし。そういったものを、しっかり考えていくってのは、非常に大事で。その生産性がないからといって、それを国家にどうこう言われるという事自体、そもそもおかしいんですよね。というところは、まず言える事なのかなと思っていて。
あともう一つは、なにをもって生産性としてるのかって所はさておくとして、付加価値を生むって所に関して言うと、子ども産む事だけが生産性では無いので。付加価値を生むって事に関して言うと、いろんな考え方があったほうがいいですよね。一つの考え方しか無い組織とか、一つの考え方しかないって、国家でもそうですけど、非常に脆弱性が高い。今回のコロナの話でもそうですけど、全然違うものが来た時に、環境変化っていうのに耐えれなくなっちゃうって所が、すごく考え方としてはあるんですよね。その環境変化に耐えられなくならないようにするにはどうするかっていうことを、しっかり考えていくって事が、非常に大事で。それが出来ないと、やっぱり少なくともこれから先いろんな事が起きて、生き延びるっていうことが、やっぱりできなくなってしまうので。生き延びることができるように、しっかり考えてやっていくのが、考え方としては、非常に大事なのかなというふうには思います。ていうところが一つかな。あとは、生き延びるっていうことを、しっかりやっていきましょうというところがあったりとか。
あと、他なんか、自分なりにこういう、いわゆる解決策とか、結論の吟味とか書くうえで、なんかこう気になることがありますか?
他の人から、どういう意見対立があるかとかっては、もちろん考えなきゃいけないし。
あとは、自分が提起した問題に関して、他に解決する方法はないのか、そのコスト面とか、そういった権利とか、そのいろんな面から見て、そのやり方と自分のやり方だったら、どっちが正しいんだろうとか、やっぱりしっかり考えておく必要ありますし。それによって、誰が得して、誰が損するかとか、そういった事を考える必要があるし。自分が持ってる資源から見て、その戦略は本当に正しいのかっていうことを、考える必要がありますし。そこをしっかり見ていくっていうのは、多分考え方としては、すごい大事なんですよね。それが出来るかどうかって所で、結局上手くいくかどうかって所が、かなり変わってしまうのかなっていうふうなところがあるので。そこはしっかり見てかなきゃいけないっていうところは、結局のところあるのかなという風に思います。
あとなんか、気を付けた事とかってありますか?
とりあえずそういった形でしっかりやっていきましょう。
よろしくお願いします。

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です