国語のセンター試験が4割から慶應義塾大学環境情報学部に合格

僕は現役の国語のセンター試験が4割という壊滅的な国語力から自宅浪人・仮面浪人期間を経てSFCに合格することができました。自宅浪人生の視点から毎日学習会のよかった点を3点紹介します。

①サボれない環境 小論文を書く上で気をつけたこと

自宅浪人であると自己管理が難しくついつい勉強をサボりがちになってしまいます。とくに、小論文となるとSFCの過去問を1つ解くのに2時間はかかるため、継続して小論文の勉強をすることは困難でした。しかし、毎日学習会では毎日小論文の添削があるため、強制的に毎日小論文の問題を解く必要があります。このサボることのできない環境が自宅浪人をしている私によかったと考えています。自分の意志に頼るのではなく、環境を変えることでサボれない仕組みを作ることが毎日学習会では可能です。

②同じ学部を目指す仲間

SFCは特殊な学部であるため周囲にSFCを第一志望として本気で対策している人がいませんでした。しかし、毎日学習会のオフラインでの勉強会(合宿や直前対策)に積極的に参加することでSFCを目指す熱量の高い仲間と出会うことができました。同じ学部を目指す仲間ができたことでSFCに行きたいという思いがより強くなりました。

③価格

小論文添削が毎日あるのに価格はとても良心的です。大手の予備校は月に数回の小論文添削で大金を取られることを考えると安すぎるくらいです。自分で受験費用を捻出している方であっても毎日学習会の値段であれば、入会が可能であると思います。

上記3点が自宅浪人生視点で見た毎日学習会のメリットです。私は毎日学習会がなかったらSFCに受かることはできなかったと思います。林先生はじめ講師の方々には感謝しかありません。本当にありがとうございました。

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です