早稲田大学 文学部 AO入試 志望理由書 提出例(谷口眞子ゼミ向け)

■議論の整理

日本が戦争に突入するとき、国家的な高揚を行うために、多くの作品がイデオロギーの中に回収された。詩人たちは戦争を賛美する詩を書き始めるし、映画は国家翼賛の物語を言祝いだ。その中に『葉隠』という秘書も紛れ込んでいた。

 

■問題発見

『葉隠』は1716年に佐賀藩士の山本常朝が、奉公の心構えをといた本として知られている。近世においては知る人ぞ知る秘書とされたが、日露戦争後に流通し、第一次世界大戦中に活字で出版されることになった。『葉隠』と聞くと、主君に仕えるための滅私奉公の精神を説いた、日本的な精神を象った書物として認識してしまう私たちはいまだに『葉隠』を正しく読めていないのではないか。

 

■論証

上記のような問題意識に立ち、『葉隠』が戦時中の日本に利用され、流用されていく過程を子細に分析した研究によれば、1930年代に古代の文脈を離れ、メディアに喧伝されていくさまが描き出されている※1。そこでは、『葉隠』の登場する人物たちが、戦局に適合的に解釈されていく様や、本来持っていた武家的な精神がいつのまにか日本的な精神として止揚されていくさまが分析されている。

 

■結論

このように、多くの書物や作品が戦争という色に塗り替えられ、日本的なるものに回収されている。そしていまだにその色から抜け出せない重要な作品が多く残っている。一時期転向研究のような断罪を行う研究がはやったが、一方で死してなお利用され、いまだに生命を与えられない不遇の書物や作品は多く存在するのではないか。

 

■結論の吟味

表現はその時代にとっての意味が与えられ、様々な解釈体系に開かれている読書行為の産物だ。表現はそのままの表現ではありえないという議論を受け止めたとしても、その中でとらわれている表現たちを解き放つ作業は必要だ。しかもそこに日本的なるものの刻印が押され、いつのまにかジャポニスムの刻印が押されてしまう今のアニメーション産業のように、作品本来が持つ力能を解放するための手立てはないだろうか。以上のような観点で戦時中の諸作品の再検討をしてみたいと考え、貴学への入学を希望する。

 

※1谷口眞子「1930年代の日本における「葉隠」の普及過程」『早稲田大学総合人文科学研究センター研究誌 WASEDA RILAS JOURNAL』6 2018

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です