SFC小論文のネタ集め

(林)毎日学習会のです。

(まこ)合格者のまこです。

(林)よろしくお願いします。

(まこ)よろしくお願いします。

(林)今日は、環境情報学部の小論文ひとつひとつ見ながら、小論文のネタ、いわゆる小論文の背景知識があれば、SFC合格しやすいのかっていうところに関して、ちょっとやっていければなと思うんですけど。
よろしくお願いします。
まこさん、なんかそのSFCの小論文に向けて勉強したときに、こういうところすごい気をつけたとか、なんか自分なりに考えた部分ってありますか?
ネタ集めっていうか。さっきあの、総合・環境それぞれ、こういう風なところを気をつけたらいいですよっていう話したんですけど。まぁネタが、結局無い限りは、小論文って書けないので、どういうふうにネタ集めしようかみたいなのってのは、凄い大事になってくると思うんですけど。
なんか自分なりに、ネタ集めはこれをやれば絶対にうまくいくとか、こう少なくとも失敗しないだろうみたいなものって、なんか自分なりにありましたか?

(まこ)データベースおすすめです。

(林)世の中で最近起きたこととか、どういうことが起きてますかっていうことを、本当に書いてるもんですよね。
それ実際やってみて、自分の中でどういう変化がありましたか?こういう部分が良かったとか、こういう部分が逆にそうでもなかったとか。

(まこ)どんな種類の分野の問題が出ても、頭に浮かべることはできます。

(林)その、知識を頭に浮かべるっていう。
データベースって分厚さとしては、どれぐらい分厚かったですか?

(まこ)結構分厚くて、あれと一緒でした。フリードマンの。

(林)フリードマンの選択の自由と同じぐらいの分厚さ。で、最近こう話題になったこととかが、いろいろ書かれてるっていうふうな。そういう感じですかね。
そういうのを見ながら、どういうふうな小論文を書いていけばいいかってのを、ちょっと自分なりに考えたってところね。なるほどなるほど。
例えばそういうのを考える中で、自分なりにこう、これは凄い参考になったとか、逆にこれはちょっとあまり参考にならなかったとか、使わなかったとかって、なんか自分なりにありますか?

(まこ)ちゃんと知識入れてれば、それなりに生かすことがたくさんあったので。

(林)知識いれて、それで大体はまぁ役に立ったっていう形なわけですね。

(まこ)でも、1回読んだぐらいじゃ、頭に残らないので。

(林)どういうふうに、頭に残してました?

(まこ)2、3回は通しました。

(林)2、3回通して、それでなんか自分なりに、使えるようになったって感じですか。

(まこ)1回目は全部通して、2回目3回目はなんか問題に対して、問題発見と問題解決ってのを見ていって。

(林)問題発見、問題解決で書くんだったら、どういうふうに書くんだろうなっていう事を考えてたって形ですね。分かりました、ありがとうございます。
ネタ集めっていうのは、みなさん苦労されるところで。
今からこの動画では、基本的にはSFCの過去問で、私が模範解答を書くときに使ったネタを紹介しながら、実際どういうふうなネタが出てきて、それに関してはどういうふうに答えるかっていうところを、一緒にやっていければなというふうに思うんですけれども。
結構、最初の時点でネタがなかった方でも、この動画を見て頂く事で、なるほどこういうネタを使えばいいんだってのが分かると、そっから書けるようになってくるっていうのは、すごくあると思うので。最初なかなか大変だと思うんですけど、ぜひ頑張ってやってみて頂ければなと思います。
よろしくお願いします。

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です