慶應SFC AOテーマが見つからないときにすべきこと

(林)毎日学習会のです。
今日は、SFCのAOのテーマが選べない人が、どういう風にテーマを選べばいいかっていう風なお話をしようと思います。
で、この表っていうのは、毎日学習会で実際にこう、テーマ選びにちょっと悩んでる方が使ってる表なんですけども。どういう風に使うか、お話ししますね。ちょっとExcelとかで皆さんも作っていただければな、と思うんですけども。
まず、SFCでAO突破する上で、大事なこと何かって言うと、教授同士のコンビネーション。SFCはいわゆる学際学部っていわれてる学部で、要はある学問分野とある学問分野の間にあるようなもので。現実社会の問題を解決していくっていうのが、基本的にはSFCで求められていることなので、ある学問分野とある学問分野を掛け合わせる必要があるんですね。ただ、総合政策のある学問分野と総合政策のある学問分野みたいな掛け合わせだと、もう結構、学際学部って結構流行ってて、もう中央大だろうがどこだろうが、結構総合政策学部ってのはあるので、他の大学でもできるんじゃない?みたいな感じになっちゃって、なかなかそこは難しいところがあるんですね。なので、SFCだからこそできる、SFCじゃないとできないっていうものを追及するために、基本的には総合政策と環境情報の組み合わせっていうのを考えてやって行くっていう風な形になるんですけれども、その時に使うのがこの表です。
まず総合政策学部の教授、これは実際毎日学習会のサイトとか、あるいは慶應のサイトから教授の名前引っ張ってきて、どういう研究やってるかっていうのを一通り書いていく。これは自分が良いなと思った研究を書いていく。環境情報学部の先生も、環境情報学部の先生の名前をバーッと書いていって、どういう研究をしてるのかっていうのを、その説明を書いていく。
で、その中で、例えばこの先生とこの先生のやり方をコンビネーションすると、こういう研究ができますよねとか、そういうのって一通り書けると思うんですよね。で、そういうのを思いついた先生に関しては、こうやって書いていく。
あとは、SFCのテーマの4つの要素っていう所で、そのSFCの二人以上の先生を掛け合わせてるかとか、あとは他の人がやってないかとか、あとは自分でできるかとか、あとは困ってる人でできるかとか、そういうとこですね。困った人がいるかとか、そういうところ。
もう一回言います。自分で出来るか、SFCの先生二人以上掛け合わせてるか、あと他の人がやってないか、困ってる人がいるか。この4つの要素をですね、満たすようなものを作っていくっていう事が非常に大事なので、こういう風にExcelで組み合わせ考えていただいて、やっていただければなとは思います。
一応、どういう基準でテーマ選ぶかをここに書いていきますね。困ってる人がいるよと、組み合わせだよと、あとは、他の人がしてない、希少性があるよ、あと4番目は自分でできるよと。まあこの4つですね、この4つの要素を満たすようなものをしっかり書いていただくっていう事が、非常に大事かなと思いますので、そういう形でお願いできればなと思います。
何卒よろしくお願いします。

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です