慶應SFC受験対策  合格者は何を優先していた?

(林)毎日学習会のです。

(まこ)合格者のまこです。

(林)よろしくお願いします。

(まこ)よろしくお願いします。

(林)SFCを受験する上での、優先順位のつけ方。対策する上での優先順位の付け方って、なんか自分なりに、こういう風に優先順位つけてたとか、何かあります?

(まこ)勉強することでですか?

(林)そうです。勉強することで、こういう風に自分は優先順位つけてましたよとかってこと、なんかありますか?

(まこ)難しいですね。

(林)英語だったら、なんかこう例えば英語って、文法を習得しましょうとか、語法問題やりましょうとか。その中で、特にSFC英語の本質ってこれだから、これをやっとけば結構な点数が取れるとか、そういうものって何かありました?SFC英語対策=これ、みたいな。

(まこ)イコール?読むスピード。

(林)読むスピードって大事だよね。読むスピードが何と関係してるからっていうところの話をちょっとすると、基本的にSFC英語を1単語で表せと言われたら、私は単語なんですよ、英単語。英単語をいかに習得してるか。それがわかればスピードは速くなるかなと。あと構文も大事なんだけど。構文とか、これを見ている浪人生とか現役生とか、ある程度できる子は多いと思うから。どこで差がつくかっていうところの話をすると、やっぱり単語かなって思ってる。単語がわかるかわかんないかで、相当変わるのねっていうのは、思うんだよね。その辺って、今どう思います?

(まこ)それはすごい思えますね。

(林)単語って、インターナショナルスクールにいたりとか、使ってる中で勉強したから覚えたとかですか?

(まこ)いや。

(林)結構割と、勉強した?

(まこ)私、インターナショナルスクールといっても、タイのインターナショナルスクールで、ほとんどタイ語だったんですね。英語の単語力とかってなくて。普通にコミュニケーションをとれるぐらいはあったんですけど、SFCの英語の文章って、違うじゃないですか?単語も、一から暗記っていうか。

(林)暗記はどういう風にやりました?

(まこ)暗記は、基本朝。朝と夜やってて。朝も大体2時間ぐらい、暗記に費やして。全部で10冊ぐらい暗記しました。

(林)単語帳?

(まこ)単語帳10冊ぐらい。

(林)単語帳なにやったの?

(まこ)リンガメタリカ、データベース。

(林)リンガメタリカはうちがお勧めしている、速読英単語の早慶版みたいな。

(まこ)速読の英単語じゃなくて熟語、TOEFLのトフルゼミナール、アカデミック。

(林)アカデミックも、リンガメタリカの姉妹バージョンみたいなやつで、5冊ありまして。初級・中級人文・上級人文・中級自然・上級自然の5冊で、トータル10冊ぐらいかな。それぐらいやったほうがいいかな。
俺は、DUO3.0をやって。DUO3.0は、1600単語と1000熟語だから、大体間に合うので。DUO3.0やって、リンガメタリカやって、アカデミック5冊って感じでしたけど。トーフルとか、データベースとか、やってないんだけど。
それぐらいはやるよね。SFC入って、一般入試の英語で合格した子で、アメリカにずっといたとかじゃない普通に合格した子は、それぐらいやってるよね?

(まこ)やってると思います。

(林)そこぐらいまで出来ないと、結構キツいかなと思ってて。よくある失敗としてすごく思うのは、リンガメタリカ一冊覚えたからもう大丈夫だって言って受験突撃する人、ほぼほぼ落ちるよ。小論文が物凄く得意とかじゃなかったら、まず落ちると思ったほうがいい。っていうぐらい落ちるので、それは多分マジで本当に気をつけた方がいい。ほぼ落ちる。100%落ちるって言っても過言じゃないぐらい落ちるから。それはちょっと本当に気をつけた方がいい。それはすごい感じるね。そこはちょっとやっぱり考えてほしいなって、めちゃめちゃ思う。あとは、自分なりに他こういうところ、すごい大学受験きつかったなとか、何かあります?

(まこ)単語で言うと、過去問の単語が、英単語帳で見てる意味とは全く違う意味で表されていたり、すごいこんがらがったなって思った。英単語帳だったら、こういう意味だったのにー、みたいな。

(林)本来の意味をある程度習得しておかないと、応用が利かなくなっちゃうよね。一つの用例だけでその覚えてて、それでその用例っていうコアな意味がわかってないと、概念が拡張していくっていうイメージがないと、確かにあーってなることがある。
単語って一言で言っても、そういう部分は大事だよ。SFC英語って何ですかって、一言で表すと、単語かなっていうところがあるから。ちょっとそこは、考えてやってみたらいいのかなと思います。
よろしくお願いします。

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です