【慶應SFC】逆転合格できる人とできない人の圧倒的な違い

(林)毎日学習会のです。

(まこ)合格者のまこです。

(林)よろしくお願いします。

(まこ)よろしくお願いします。

(林)今日は、逆転合格できる人できない人っていうところで、やっていければと思っているんですけど。
SFCに逆転合格できる人できない人っていうところで、毎日学習会でも合宿とかで色んな子を見てて、あるいはSFC入ってからも合格者を見てきて、ひどい状況から逆転合格できた子と、あるいはいつまで経っても合格できなかったなっていう子で、なんかこういう部分が圧倒的に違うなと思った部分とかって、何かあります?

(まこ)量ですね。

(林)一言で言うとそこ?具体的にはどう思った?
うちは、与える量多いよね?毎日学習会のサイトでも、過去問は20年分ぐらい載せているし。出してる量としては、凄く多いと思うんだけど。

(まこ)それを当たり前にこなして、プラスアルファで自分でも何か勉強するのが、やっぱり大事。

(林)全部やってくれれば受かりますよって分量出してるけど、なかなか全部やってくれないから。まこさんはほんとに全部やってくれて、プラスアルファもやる。
英語のやつとか単語とかも、DUO3.0やって、リンガメタリカやって、アカデミックやって、5冊やってって話をするんだけど。なんだろう、みんな大体DUO3.0とリンガメタリカを、さらってやって終わりっていう子が多い。俺は、暗唱しろって言ってる。なんだけど、暗唱できないですよって言ってさらっとやって、単語テストとかちょこちょこってやって、あー頑張ったって、落ちるやつ凄い多い。あるよね?

(まこ)自分でも思うんですけど、1,2回やっただけで絶対覚えられないし。受験期間は毎日、それこそ暗唱する。

(林)英単語見て意味が答えられたらOKとかって、馬鹿にしてるのかって。本番わかるわけないじゃんって、本当に思うんですよね。暗唱できるぐらいまでやらないと、SFCはきついかな。

(まこ)単語帳って、基本書いてることは一緒でしょって、すごい言われる。比べてみると、1つの単語で、書いてる意味が違ったりとかしてて。

(林)雑な単語帳ってあって、基本薦めないのはターゲットですね。その一単語で一つの、意味は複数書いてるんだけど。単語一個一個覚えて、その文の中でのコンテクストって意味がわかるかというと、わからない。文章の中で習得したほうが、絶対によくて。その文章の中でどういう風に使われてるのか分かると、コアな意味がつかめるじゃないですか。コアな意味を掴めると、ほかの用例で出てきても、ある程度理解できるんですよね。文脈がなく、1単語ずつ覚えると応用が利かなくて、SFCの英語の場合、命取り。その意味が分かるかどうかだけじゃなく、ニュアンスがわかるかどうかとか。それがだから例えば、義務とかって聞いたときに、ポジティブなのかネガティブなのかって言われたときに、義務っていうのは割とポジティブな意味があるんだけど。そういうことがわからないと解けない問題が、SFCの中でもあるんですよ。確証をとらないまま読んでると、かなりやっぱり合格していく時に8割とかを狙っていく時に、意外とそこの壁が結構きついかなと思ったりとかってのが、自分で解いて実際合格してみて思ったこととしては、凄くありますね。
量っていうものに関して、自分なりに受かった人落ちた人で、印象的なエピソードとかってありました?

(まこ)受かった人は、基本一日中勉強してますね。

(林)寝てる時間以外、勉強してる感じだよね?

(まこ)そうですね。受からなかった人って言ったらあれなんですけど。ご飯食べてる時間だったりとか、ご飯食べながら単語帳開くとか。ちょっとした時間の違いなのかなって思いましたね。

(林)そこが結構自分なりには大きいのかなって。

(まこ)かなって感じがします。

(林)わかりました。ありがとうございます。

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です