慶應義塾大学 文学部 自主応募入試 志望理由書 提出例(森川剛光ゼミ向け)

議論の整理・・・貴学の論文(※1)では、既存の行為論が「目的をもった行為」であることを前提としていること、これに対し、ハイデガーが「存在とは前もって制作されてあるもの」「時間とは連続するもの」という点を批判していることに依拠して既存の行為論を批判する基調が現代の社会学の主軸であることが報告されている。

問題発見・・・しかし、こと「時間」について言えば、その議論はまだ不十分であることが同論文で示唆されている。

論証・・・「時間」が連続したものではないということは、ドゥルーズも「差異と反復」の中で主張していることであり、もはや現代哲学の常識であると言っても過言ではない。ドゥルーズによれば、「時間」とは過去、現在、未来に峻別され、絶対に連続していない。現在は現在で独立しているのである。新実在論においてはまだ「時間」の概念の検討は十分ではない。

結論・・・そこで私は、ドゥルーズの「時間」概念を研究して、既存の行為論に援用したい。

※1鳥越信吾(2018)「新しい行為論の構想:ドイツ学会動向」

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon(新着)全国2位・紀伊国屋1位・丸善ジュンク堂1位になりました!

なぜ私が毎日学習会を作ったのか?

私がネット家庭教師・毎日学習会を作ったのは、自らの高校時代の不登校経験が大きく影響しています。私が毎日学習会を作るまでの人生をマンガにしましたので、もしよろしければご覧ください。


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です