慶應義塾大学 文学部 自主応募入試 志望理由書 提出例(斎藤慶典ゼミ向け)

議論の整理・・・シンポジウム(※1)では、時間に関して、一つの考察が論じられている。それによると、未来は端的に「ない」。未来が「ある」のは錯覚である。人間はその錯覚をもちやすい。では、なぜそういった錯覚をもちやすいのであろうか、という問題提起がなされている。

問題発見・・・しかし、そのシンポジウムで議論が深まった形跡はない。

論証・・・これは極めて重要な問題提起である。人間が「いま」しか知覚できないのは明らかである。だったらなぜ「未来」を信じるのか。これは、強度のみを信じろと論じた宮台真司が時代とともに忘れられ、全ては意味の場の中に生起すると論じたマルクス・ガブリエルの書物がベストセラーになったことと呼応している。人間は、「意味」のない時空では生きていけないのではないだろうか。

結論・・・そこで私は、マルクス・ガブリエルの考察を深化させ、実在論の見地から見た「意味」と人間存在の関係について研究したい。

※1入不二基義、斎藤慶典(2011)「日本哲学会第七三回大会シンポジウム「未来という時間」総括」

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です