接続詞の補充ドリル

・ 接続詞の補充ドリル

 以下の文章には、接続詞がありません。適切な接続詞を補充してください。

・ 集団的自衛権が認められた。今後は若者の徴兵制が議論される。

・ 中国の株式市場が暴落した。日本の株式市場にも影響がありそうだ。

・ 今日は降水確率が高い。傘を持参しなければならない。

・ 集団的自衛権には反対です。自衛隊をアメリカの軍隊にしてはならないからです。

・ 集団的自衛権には反対です。日本の若者がアメリカのために派兵されるのです。

・ この仕事を徹底的に完成させます。私は大富豪の仲間入りを果たせます。

・ 富裕層課税を実行します。富裕層は海外に移住するでしょう。

・ 消費税を増税します。個人消費は冷え込むでしょう。

・ 中絶禁止に反対します。個人の自己決定権を尊重すべきだからです。

・ 人権は大切です。誰かの人権を無視する社会は、自分の人権も無視するからです。

・ 人権思想は、世界中に広がりました.。人権は天賦のものだからです。

・ 彼は私を攻撃しました。私も彼を攻撃しました。

・ 反発心は、良い結果をもたらしません。マイナスの感情だからです。

・ 努力することの大切さは言葉に尽くせません。多くの偉人がそれを証明しているからです。

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です