ウェアラブルコンピューター

☆ ウェアラブルコンピューター

議論の整理……

近年、パソコンやスマートフォンを利用した誹謗中傷が問題になっている。

問題発見……

デバイスを介したやりとりでは、デバイスの向こう側にいるのが生身の人間であ るという事実に対しての想像力に乏しくなる。そのため、どうしても、他者を傷つ けるような発言が増えてしまう傾向がある。

論証……

こうしたインターネットデバイス特有の問題の原因は、現在のデバイスに没入感 がないためである。デバイスを介したやり取りでは、どうしても向こうに人間がい るという事実にたいするリアリティーに欠ける。特に文字でのやり取りにおいて は、その言葉に込めた意図などが十分に伝わらないことがある。人は自らの発言に ついて、表情や語気なども含めて伝える事が多く、そうしたものが介在しないコミ ュニケーションはしばしば誤解を生むことがある。

解決策or結論……

こうした問題を解決するためには、インターネットによるコミュニケーションを 限りなく現実社会におけるそれに近づける必要がある。そのために私が提案するの は、コンタクトレンズ型のウェアラブルデバイスである。これとVR技術を融合する ことにより、インターネットを介したやり取りであっても、実際に会っているかの ような体験をすることが可能になる。

解決策or結論の吟味……

このような形でインターネットデバイスを改善することによって、インターネッ ト上の誹謗中傷なども消え、多くの人により過ごしやすいネット環境が提供できる だろう。

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です