慶應義塾大学 法学部 小論文 2001年 解説

・ 問題文

次の文章は、「リアルであること」と題された文 章である。著者の言う、イデオロギーや夢、宗教、死、科学などと「リアル」との関係を検討し、あなたの考えを自由に述べなさい。

・ 問題の解き方

 5STEPsで書いていく。

・ 模範解答

議論の整理……

筆者は、現代の社会において、リアルから遊離し、観念に逃げている若者が多くいることを問題にしている。実際には、現実に自分が生きているリアルな世界こそが大切であるべきであるにもかかわらず、観念論の中に逃げ込む、特にカルト宗教に逃げ込む若者が多いことを憂いている。

問題発見……

私はこうした風潮の中でも、特に自分自身の進路についてリアルに考えることのできない、あるいはそういったことをしない若者の増加に危機感を覚えている。
例えば、だれでも入れる大学に四年間通うことは失業者になるまでの期間を四年間伸ばしているだけに過ぎない可能性が高いにもかかわらず、容易にそうした大学への進学を決める同級生などを見ると、彼らが本当に真摯に進路形成について考えているのかを疑問に感じることが多々あるのだ。

論証……

こうした進路形成への怠惰な態度は、親御さんやマスメディアによる「反エリート主義」が根深く影響していることが多い。
なぜ親御さんがしばしば「反エリート主義」を採ることが多いかをここでは考察したい。
親御さんの反エリート主義は、しばしば思うように進まなかった自分自身の人生から生まれた呪いであることが多い。学歴や学識の低さゆえに、思ったように人生が進まないことが多々あった結果、子どもたちにはそうした苦労を味わってほしくはないという考え以上に、子供が自分と同じような苦労をしないのは許せないという考えが根深く、結果として子供の進路実現を阻害していまう例がある。
また、こうした親御さんの考えに同調する動きとして、しばしばマスメディアなどによって展開される「反エリート主義」的な表現がある。エリートによって構成されているマスメディアにおいて、こうした表現がしばしば用いられるのは、ただ単純にそうした表現が主な視聴者層である低収入の貧困層からの反響が良いためである。こうした大衆迎合的な表現活動が、受験生が自らの進路と向き合う機会をさらに奪っていく。

解決策or結論……

解決策or結論としては、現在暴力行為についての表現が規制されているように、学業的な怠惰を奨励するような放送をすべて禁じるべきである。たとえば、「ドラえもん」における「のび太」、「クレヨンしんちゃん」における「のはらしんのすけ」、ごくせんの殆どの登場人物はその登場機会を奪い、「ドラえもん」は「出来杉英才」、「クレヨンしんちゃん」は「風間トオル」を中心としたアニメとして再編成すべきである。

解決策or結論の吟味……

だが、こうした解決策or結論はしばしば表現の自由との兼ね合いから採用が見送られる。だが、暴力シーンの規制の際にも行われた議論だが、公共の電波を用いているという媒体の性質上、こうした放送には何らかの対応が取られるべきだろう。たとえば、「ドラえもん」のもとで「のび太」が出来杉英才に勝つなど、なにかしら勉学に励むことを奨励するような表現を公共の電波を通じて配信していくことを書くテレビ局の責務とするような社会的・政治的・行政的要請が今後の知識社会においては極めて重要になる。

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です