慶應義塾大学 文学部 小論文 2001年 解説

・ 問題文

(設問1)
テクスト1とテクスト2を踏まえ、一九五○年代から一九七○年代の日本における西洋音楽への対応について略述しなさい(三○○字以内)。
(設問2)
 一九八o年代から新世紀にかけての日本における欧米文化への対応とはどのようなものか。対象を必ずしも音楽に限定せず、あなたにとってもっとも関心の深い文化の領域を一つ選び、あなた自身および社会全体の問題として論じなさい(四○○字以内)。

・ 問題の解き方

 設問一については、議論の整理をした上で、問題を提起し、その原因を分析する形で略述をしている。結論・根拠・具体例とは異なり、どちらかというと5STEPsの中で必要な要素を抜き出した形といえる。
 設問二については、結論を書き、その根拠として議論の整理の論点整理にあるような対比を行い、具体例を紹介する形の構成である。

・ 模範解答

=設問1=

テクスト1・テクスト2ともに、一九五〇年代からすくなくとも六十年代までは、日本人の西洋音楽に対する対応は、ただただ感嘆し、模倣するばかりであったと述べている。一方、七十年代からはテクスト2にあるように、自民族独自の音楽を追求しようという動きも活発になりはじめている。
こうした流れは、各民族のナショナリズムを追求する動きからスタートした。たとえば、黒人であれば黒人の音楽、インド人であればインドの音楽といった形での追求がなされ、またそれらは渾然一体となり新しい音楽を生み出していった。(243文字)

=設問2=

八十年代から新世紀にかけての、コンピューター・グラフィックスに対する日本社会の対応は、極めて稚拙なものであった。幅広い市場に訴求できることから大量の資金を投下してコンテンツを作りこむ欧米陣に対し、精神論で良いコンテンツを作ろうとする日本企業の姿勢は解せない部分が多い。
その代表的な事例が、アニメコンテンツの製作に対する姿勢である。多くの日本のアニメが平面的であるのに対し、アメリカのアニメはほとんどが立体的である。こうした違いは、アメリカにおけるコンピュータ・サイエンス関連の人材層の厚さから来るものである。日本でも情報技術関連の教育を受けた人材を今まで以上に増やすことが重要になりつつある。こうした施策を素早く取らなければ、従来は比較的有利だとされてきたアニメーションの分野でも、日本は先進諸国に大きな遅れを取らざるをえないだろう。(369文字)

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です