慶應義塾大学 文学部 2017年 小論文 解説

=問題文=

設問1 この文章を三百字以上三百六十字以内で要約しなさい

設問2 「分け与える」ことについて、あなたの考えを三百二十字以上四百字以内で 述べなさい

=問題の解き方=

・ 要約について

基本的な構成としては 1. 前提条件の確認 2. それぞれの議論の相違点の確認 の二つによって行う。

この場合であれば、

1. 前提条件の確認

タンザニアの農村では集落の住民を賄えるだけの主要作物のみを生産し、それ以 上は用意しない。にもかかわらず客人に食物のかなりの部分を分け与え、時には他 の集落に食べ物を乞いに行くという連鎖が観察される。

2. それぞれの議論の相違点の確認

この分け与えのあり方は、資本主義経済の観点からは停滞を招いているように見 える。また、競争を抑圧する社会のあり方であるようにも思われる。だが、他方で 賃労働による画一的な時間の流れから離れ、人間の関係性に基づいた時間の流れを 生きようとしている人たちもいる。このことを踏まえた時、たとえばタンザニア農 村の一見効率的でないあり方も、不測の事態に備えず自然のありかたに身を任せ、 問題が来たら対処するという行動原理に裏打ちされたものだと解釈できる。

という形でまとめる。

・ 論述について

基本的な構成としては、

1. 議論の整理
2. 問題発見
3. 論証
4. 結果
5. 結果の吟味 の順番で書く

1. 議論の整理 …...

筆者は賃労働による画一的な時間の流れを持つ資本主義との対比で、その日を 生きようとし、人間の関係性に基づいた時間の流れを持つタンザニアの農村のあり 方について述べている。

2. 問題発見 ……

資本主義社会に生きる我々の価値観からすると、こうしたあり方は非常に不安 定でリスクが高いように思える。

3. 論証 ……

余剰がないのに他人に分け与えるというタンザニアの人々の価値観は、自己の 利益のために蓄財によってリスクに備えようとする我々の価値観からするとあまり にリスクが高いように思えるからだ。

4. 結果 ……

だが、こうしたあり方を維持することによって、不測の事態においても、人々 は互助によって生きながらえることができる。したがって、分け与えることは、ま さに資本主義社会における蓄財と同様、リスクへの備えとして機能しえるのであ る。

5. 結果の吟味……

また、資本主義社会における蓄財よりも、こうした分け与えの方が仮に自身の 予見可能性が乏しい場合にも生活を保障するという意味では優れていると考える事 もできるだろう。

=模範解答=

問一

タンザニアの農村では集落の住民を賄えるだけの主要作物のみを生産し、それ以 上は用意しない。にもかかわらず客人に食物のかなりの部分を分け与え、時には他 の集落に食べ物を乞いに行くという連鎖が観察される。 この分け与えのあり方は、資本主義経済の観点からは停滞を招いているように見 える。また、競争を抑圧する社会のあり方であるようにも思われる。だが、他方で 賃労働による画一的な時間の流れから離れ、人間の関係性に基づいた時間の流れを 生きようとしている人たちもいる。このことを踏まえた時、たとえばタンザニア農 村の一見効率的でないあり方も、不測の事態に備えず自然のありかたに身を任せ、 問題が来たら対処するという行動原理に裏打ちされたものだと解釈できる。

問二

筆者は賃労働による画一的な時間の流れを持つ資本主義との対比で、その日を生 きようとし、人間の関係性に基づいた時間の流れを持つタンザニアの農村のあり方 について述べている。 資本主義社会に生きる我々の価値観からすると、こうしたあり方は非常に不安定 でリスクが高いように思える。余剰がないのに他人に分け与えるというタンザニア の人々の価値観は、自己の利益のために蓄財によってリスクに備えようとする我々 の価値観からするとあまりにリスクが高いように思えるからだ。 だが、こうしたあり方を維持することによって、不測の事態においても、人々は 互助によって生きながらえることができる。したがって、分け与えることは、まさ に資本主義社会における蓄財と同様、リスクへの備えとして機能しえるのである。 また、資本主義社会における蓄財よりも、こうした分け与えの方が仮に自身の予 見可能性が乏しい場合にも生活を保障するという意味では優れていると考える事も できるだろう。

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です