小論文第二段階 「一段落の書き方(結論・根拠・具体例)」

■ 小論文 第二段階 「一段落の書き方(結論・根拠・具体例)」(2日目・1日2時間)

これを習得するためには小論文の基本的な文法ドリルが独自教材であるので、そちらのドリルを演習していただく形になる。

0. 段落内部の書き方

一つの段落を読みやすくする際には、結論・根拠・具体例の順番で書いた方が良い。まず、冒頭に結論を書き、「なぜなら」という接続詞で根拠へと繋ぎ、「たとえば」という接続詞で具体例につなぐ。これが最も読みやすい段落内部の構成である。

1. 読み手の関心をそそる結論・根拠・具体例

なぜ、結論・根拠・具体例の構成で書かれた段落が読みやすいのかというと、まず第一にはそれが読み手の興味・関心をそそる書き方だからである。

まず、結論があることにより、なぜその結論が出たかという疑問が残る。そのすぐ後に根拠があることにより、なるほど、と納得して読むことができる。根拠と具体例の関係もこれを踏襲しており、なぜその根拠が出たのか? その根拠は具体的にどういう形で表現されているのか?という疑問に対し、すぐに具体例が提示されているため、なるほど、と納得して読むことができる。

このように、「どうして?」「なるほど!」という思考プロセスをたくさん踏んでもらうことかできるため、読み手が読んでいて快い文章を作ることが可能になる。

2. 多くの人々の共感を得る結論・根拠・具体例

多くの場合、人は総論賛成・各論反対で議論を進める傾向がある。

たとえば、医療従事者であれば、日本は歳入に対して歳出が多すぎること、そのため財政再建が必要なことは認めるだろう。だが、その手段として医療費削減が求められれば強硬に反対することは間違いない。このように、歳出過多や財政再建などの総論には賛成でも、医療費削減のような各論には強硬な反対論が出るのが人情というものだ。

よって、議論を進める際には、まず総論≒抽象的な結論を述べ、次にその根拠を述べ、最後に具体的な議論≒具体例に言及すべきである。こうすることにより、利害関係者の反発を最大限抑制することが可能なためだ。

3. 例外を議論から排除する結論・根拠・具体例

また、結論・根拠・具体例で書くことは例外を議論から排除する場合には極めて有効である。

もちろん、小論文を執筆する際においては、小異を捨てて大同についてはいけない場面もある。たとえば、マイノリティーの利害関係者に配慮する場合には、例外を議論から排除してはならないだろう。だが、一方で恣意的に議論の結論を歪めようとする例も多々ある。

そうした際に、大枠の抽象論から入ることによって、議論を恣意的に歪めることが難しくなる。たとえば、生活保護制度について論じる際に、そもそもの問題として無年金高齢者の増加があることが分かれば、生活保護費の増加の主要因が若者の無気力ではないことがわかる。

このように為にする議論を排除するためにも、結論・根拠・具体例の順番で議論を進めることは大切である。

4. まとめ

ここまで見てわかるように、
・ 読み手の興味を喚起するため
・ 多くの人々の共感を得るため
・ 議論の恣意的に歪めないため

結論・根拠・具体例で小論文を書くべきである。

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です