慶應義塾大学 文学部 自主応募入試 志望理由書 提出例(高橋智ゼミ向け)

議論の整理・・・貴学の論文(※1)では、中世の日本での漢籍受容の歴史が概説されている。また、漢籍である「封神演義」も広く受容されてきた。

問題発見・・・しかし、近年「封神演義」はマンガ化・アニメ化され、また新しい「封神演義」解釈が成立した。このことに関しての研究は存在しない。

論証・・・日本において、特に物語である「西遊記」「三国志」などが現代幅広く受容されていることは論を待たない。「西遊記」などは、人気アニメ「ドラゴンボール」の主人公に孫悟空の名が与えられるなど幅広く人口に膾炙している。「封神演義」もまた、このマンガ化・アニメ化によって人口に膾炙した。ここに、新たな漢籍受容の様態を観察できる。

結論・・・そこで私は、「封神演義」が現代の日本でどのように受容されたのか、マンガ版・アニメ版の「封神演義」を通して研究したい。

※1高橋智(2016)「漢籍外典古写本研究資料:斯道文庫所蔵本について」

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です