慶應SFC小論文・要約問題3つの秘伝解法

(林)毎日学習会のです。

(まこ)合格者のまこです。

(林)よろしくお願いします。

(まこ)よろしくお願いします。

(林)今日は、慶應SFCの小論文の、要約問題の書き方ってことで、やっていければなと思います。
よろしくお願いします。
まこさん、SFCの小論文で、過去問とかで要約するとき気を付けた事って、何かありますか?
要約問題、死ぬほどやりましたよね。過去25年分×2学部とかやってて、さらに3周ぐらいしてるから、要約問題だけでも相当やってると思うんですけど。
何か、要約書くうえで、気を付けた事ってありますか?

(まこ)無駄な事は書かないようにする。

(林)それは大事ですよね。基本的に、文章中には具体例とかそういうのあるんですけど、具体例とかは全部省く。抽象的な部分だけ見る。抽象的な部分でも、一般論が書かれている部分と、作者の主張が書かれている部分があるんですけど。SFCぐらい長い課題文で、なおかつ複数課題文がある場合には、作者の主張の部分しか書かないっていうのは、すごい大事で。SFC小論文やるうえでは、すごい大事ですよね。
あと、他何か、要約書く上で気を付けた事って、ありますか?
結構、まこさんが受かった後の話になっちゃうんだけど、最近の要約とかで結構多いのが、この字数で要約書かせるの?みたいな問題、結構多いですよね。400字ぐらいで5ステップ論述をさせる問題だと、要約の部分って80字ぐらいしか書けないんですよ。80字しかないのに、課題文が3つあるんですよ。一つの課題文の要約が、大体20文字ちょっとしか書けない。そうすると、その多分、要約って非常に難しいから、どういう風に書くのかっていうと、課題文A、Bはとか、C、Dは、E、Fはみたいな感じで、ある程度グルーピング化してあげて。同じ要素を持ってるものに関してはまとめてあげて、各20文字づつぐらいで書くとか。そういう感じで書かないと、なかなか間に合わない問題は、最近増えてきたかなっていう風には思いますね。なので、ちょっとそこをやっていくというとこだったりとか。
あとは、自分なりに気を付けた部分とかって、何かありますか?

(まこ)例えば、四つ課題文があったとして、その四つの関係ってのを考えましたね。

(林)だから、この文章とこの文章の、逆の考え方がこの文章とこの文章とか。そういう風な関係性を考えるってのは、凄い大事で。そういった部分でも、やっぱりやっていかなきゃいけないって事ですよね。
あとは、他なにか、要約書くうえで気をつけられたことって、ありますか?
あと最近だと結構、要約を書くときに、その文章じゃなくて、図略化する問題とかもあると思うんで。それは、次の動画の方でもやっていければなと思います。
あと、要約書くうえで、他気をつけなきゃいけないところとして言うと、課題文を読んでなくても分かる内容にしましょうっていうのは、すごい大事で。課題文読まないと何言ってるのか全然よく分からない要約を書く人、多いんですけど。基本的に、採点されるのは小論文なので、課題文読んでなくてもわかるようにする。
あと、中学1年生が読んでもわかるようにする。分かりやすい文章にするっていう所。自分が読んでわかりにくいものは、他の人が読んでもわからないので。
あとは、課題文から引用したものには必ず引用符をつける事が、すごい大事で。
そこの部分に関しては、やっていただければなと思います。
よろしくお願いします。

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です