慶應SFC小論文・図示問題究極の秘伝解法

(林)毎日学習会のです。

(まこ)合格者のまこです。

(林)よろしくお願いします。

(まこ)よろしくお願いします。

(林)今日は、慶應SFCの、いわゆる図とか書かせる問題。最近結構、図書かせる問題多いんですけど。図書かせる問題に関して、どういうふうに書けばいいのかってお話しをちょっとしたいと思います。
図を書かせる問題っていろいろあって、めちゃくちゃいっぱいあるんですけど。最近書いた要約とかでも、結構あるなって思ったのは、結構1990年代から図で書かせる問題ってのがあって。図で書かせる問題っていうのを、どういう風にやってるかっていうところが、すごい大事だったりするんですよね。
1996年の問題なんですけど、これは論点をまとめた上で、キーワードを10個使って、それぞれのキーワードの関係書きなさい、みたいな問題なんですけど。割と難しいですよね。リンクが二つ繋がってる単語があったりとか。あと、それぞれ対比してなきゃいけない。そういうのがあったりするんですけど。
まこさん、なんかこういう図を書かせる問題ってのを見てみた時に、なんかこう自分なりに、SFCで要約とかで図を書かせる問題のとき、気を付けた事ってありますか?

(まこ)図って、ぐちゃぐちゃになりがちなんですけど、ちゃんとわかりやすく書くっていうのは、気をつけてた事です。

(林)まとめる事が大事ですよね。問題文の中で使った言葉で、論点って言葉があるんですけど。論点とか論じろとか言われたときに、論じるとか論点ってどういうことかわかんない方って、結構いるじゃないですか。
基本的には、論点とか論じるってのは、二つあるいは二つ以上のものが対立してる関係の事を、論じるって言うんですけど。対立関係をまず見つけていくってことが、大事ですよね。あとグループ化してあげるとか、そういった事も、非常に大事ですし。
あとは、それぞれの関係ってのを、ちゃんと見逃さない。文章をひとつひとつ読んでれば見逃さないはずなんだけど、時間がないからだと思うんだけど、結構その・・さっと読んじゃう人多いじゃないですか。で、結果として、見つけておかなきゃいけない大事なところを見逃すっていうのは、結構パターンとして多いのかなっていうふうに思うので。そこの部分をしっかり改善していくっていうのは、実はSFC小論文をやるうえで、非常に大事で。それができるかどうかっていうのは、これから非常に大きなカギになってくるのかなというふうに思ったりはします。
あとは、こういう図の問題を書くときに、自分なりに気を付けている部分とかって、ありますか?

(まこ)文章同士の、課題文同士の関係を見るために、言葉、キーワードっていうのは、しっかり見ながら。

(林)だから、キーになるキーワードは何なのかってのは、ちゃんと把握することは大事で。
1996年の問題とかは、論点が5つあって、キーワードが10個あるので、すごい難しいんですけど。
でも、それぞれの段落とかで、キーワードってちゃんとあるので、それを把握して、どの段落がどういう内容のものなのかってのを、しっかり把握することによって、随分変わってくるかなと思いますんで。ちょっとそこの部分に関しては、ぜひやってみて頂ければなと思います。
よろしくお願いします。

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





【お知らせ】毎日学習会代表林 直人の著書が、Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位になりました!

△ ご購入はこちらから!

△ Amazon経済・ビジネス本(新着)で全国2位を獲得!

大丈夫です。
うつでもちゃんと稼げます。
うつだからこそ、できる仕事があります。

巻末対談 精神科医・和田秀樹氏、絶賛!!
「1日10分の作業」で生き延びる、
「大成功はしない」けど、「大失敗はしない」起業の方法とは?

「うつになったからもう一生働けない」、「うつなんだから働くことなんてできない」……。うつ病になった、あるいはずっとうつ病を治療している人はこんな風に思っているかもしれません。
私自身、うつになったばかりのときは「もう人生終わりだ」と思っていました。
でも、うつだからといって働けない訳ではありません。週5日、1日8時間働くのは無理でも、自分一人が食べていくくらいは稼ぐことができます。
わたしはバイトすらまともに出来たことはありませんが、うつ病に適した経営のノウハウを蓄積し、稼げるシステムを構築しています。
この本ではそんなうつ病の特性を活かした起業法とビジネスプランを提示しています。
もちろん、いま調子が悪い人は何もしてはいけません。寝ているのがあなたの仕事です。
でも、もし少し調子がいいのであれば、この本を読んでみてください。あなたの未来に役に立つことが書いてあるはずです。

目次
はじめに
第1章 うつの人は自己啓発本を読むのはやめよう
第2章 うつでも生きていける起業の方法を考えよう
第3章 うつでも参入できる市場はどこか考えよう
第4章 うつでもできるビジネスプランを考えよう
第5章 払ってはいけないお金を考えよう
第6章 モチベーションについて考えよう
第7章 事業を継続させる方法を考えよう
第8章 人を雇うことについて考えよう
第9章 うつの人が生き延びる方法を大富豪から学ぼう
第10章 うつの人と社会との関係について考えよう
巻末対談 「選択肢」としてのうつ病起業 和田秀樹×林直人
おわりに

△ ご購入はこちらから!

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です